0

見直すべきこと

アラフォーは自分を見つめ直す時期?!

人は成長しなければならないときが必ずあります。
といっても、そこまで大げさなものではなく、今とはちょっと変わらなければならない、ということです。

例えば、かなり昔バブルの時期に、ソバージュヘアってものすごく流行りましたよね。
現在アラフォー世代の人でソバージュヘアだったという人は少ないかもしれませんが、バブルの象徴ともいえる髪型でした。

そんなソバージュヘアを今もしていたら、かなり古い人、そしてイタい人だと思われてしまうでしょう。
このように、自分見つめなおし、見なおさなければいけないことが、アラフォー女子にも必ずあるはずです。

何年前から同じメイク?

自分を見つめなおすときにまず行いたいのが、なんといってもメイクの見直しです。
アラフォー世代の人は、学生時代に超囲み目メイクをしていた人も多いのではないでしょうか。

もちろん、今でも若い子がバッチリ真っ黒に目の周りを囲っているメイクをしていることはありますが、アラフォー世代でそれはかなりイタい人に思われてしまいます。

過去をさかのぼり、何年前からメイクを変えていないか思い出してみましょう。
それこそ10年前から変わっていないという人は要注意、一刻も早く歳相応のメイクを研究する必要があります。

とはいえ、いきなり歳相応のメイクにすると、妙にフケ顔になってしまうという人もいるようです。
つけまつ毛をしている人は、エクステにチェンジしてみたり、ちょっと自然なつけまつ毛に変えてみるなど、さりげないところから変えていくとよいようです。

ファッションは大丈夫?

あまりに若い頃と変わらないファッションをしている人は、ハッキリ言ってまずいです(笑)。
とはいえ、今はある程度年齢が高い人でもティーンブランドを上手に着こなしている人も多いので、ブランドがまずいというわけでもありません。

今のファッションが、年齢を重ねた自分に本当に合っているのかを見なおしてみましょう。

スカート丈はあまりに短すぎると余計年齢を感じさせてしまうので、これまでかなりのミニをはいていた人は、少し抑えてみてもよいかもしれません。

いきなり歳相応のファッションはちょっと抵抗がある、という方は、本来の年代より1世代若い人向けのファッション誌をチェックしてみてもよいと思います。

アラフォー世代は、これまでの自分を大幅に見なおさなければならない時期といっても過言ではありません。
内面においても、今までのキャラでは通用しないことがそのうち出てくるかも?

必ずしも変えなければならないということではなく、そういえばここ数年メイクもファッションも同じ傾向だ、という人は、一度鏡の前で「ほんとうに大丈夫?」と自分に問いかけてみてはいかがでしょう。