0

独身女性の住まいの問題

将来の住居について

女の独身生活が長くなってくると、将来どんな住宅に住めばいいんだろうかということが気になってきます。
親と同居をしている人はあまり危機感はないかもしれませんが、現在賃貸住宅を借りて生活をしている女性にとっては、将来もずっとこのままの家に住むかどうかということが気になってきます。

数十年前までは、住宅ローンを申し込んでも女性や老齢者はローンを返してもらえない可能性が高いと審査も通らないという時代もあったようですが、最近はそのようなこともなくきちんと返済ができるだろう条件を示すことができれば女性でもマンションや住宅購入のローンを組むことができます。

しかし女性で老齢になってからローンを申し込むとなると話は別で、気がついたら希望の物件を申し込みができにくくなってしまっていたということも十分にありえます。

若い時期に申し込みだけをしておけば、あとは住み続けることは可能なのでもし将来的な住居の希望があるなら、早めに申し込みをしておいた方がよいかもしれません。

結婚予定があったり、子供が生まれることがわかっている夫婦の場合、新しく住居を構えるとなると選択は広めのマンションか一戸建てかという二択になってきます。

子供が小さいうちは2LDKくらいの賃貸住宅でも十分ですが、さすがに小学生に上がるころになると個人の部屋も必要になってくることですし、部屋数の多いマンションまたは住宅に引越しをしたくなります。

問題はいつのタイミングでどんなふうに家造りをするかということです。

独身の場合増える家族もいないわけで…

さて、独身女性となるとそのあと同居人が増えるという可能性が少ないわけなので、選択のときのポイントは一人暮らしをするときどのくらいの広さと環境がベストかということです。

若いときにはそうでもなくても、年齢がかさんでくると高層階での生活が不便と思えることもあるだろうし、車の運転もいつまでできるかということが気になります。

また長く住むならその土地の治安状態や地域の相談窓口の存在もかなり気にしておきたいところです。
「もしかしたら結婚するかもしれないし」という迷いがあると、住宅という高い買い物にはなかなか踏み切れないので、なんとなくだらだらと今済んでいるアパートや実家暮らしを続けてしまいがちです。

いつのタイミングから「一人で住みやすい家を探す」というふうに気持を切り替えられるかということも、独身女性にとっての将来の住処選びには大変に重要な点と言えるかもしれません。