0

お金で買えないモノ

先のことはわからないけど…

独身女性として生活をしていくのも楽しいものですが、このままずっと生涯一人でいても大丈夫だろうかということはやはり気になります。

定年間近になってから突然寂しさに襲われることだってあるかもしれませんし、もっと先のそれこそ死ぬ間際くらいになって「やっぱり結婚して子供を生んでおけばよかった」と痛烈に後悔してしまうこともあるかもしれません。

それはその時になってからでないとわかりませんが、とりあえず今は特に寂しすぎて誰かにそばに居てほしいというふうに強く感じることはありません。

ところで結婚について独身の男女で話をしているとき、よく見かける意見が男性からの「どうせ女は男を金で選ぶからな」というようなものです。

確かに結婚相談サイトなんかで検索をするときに年収を第一の条件にしている女性はごくあたりまえにいますし、普通に男女としてお付き合いしている人たちでも経済力を理由に結婚に踏み切れないというようなケースがあったりします。

そうしたシニカルな意見を言う男性の多くは「結婚なんてしたら、一生ATM扱いになるだけだし損」というようなことを言っていたりします。
少なくともATMは文句や愚痴は言わないと思いますが、まあそうしたひねくれた意見を言いたくなる気持ちはわからなくはありません。

内面・外見で選んでもらえないならしょうがない

しかし独身女性の立場で言わせてもらえば、女性が男性に求める条件を「金」にしているのはむしろとても良心的なんじゃないかとすら思えたりします。
なぜなら、お金で買えるものだったら誰でもどうにかして手に入れるチャンスがあるからです。

ちょっと極端な例かもしれませんが、どうしても欲しい景品があったとして、それを手に入れるために高額のお金がかかるというときと、くじを引いて当たりが出ない限り絶対に手に入らないというときだったら、どっちが可能性として嬉しいかということです。

それを本気で手に入れたいと思っても、くじだったらどんなに本人が努力をしても運がなければ手に入りませんが、お金を用意するだけで済むならこんなに楽なことはありません。

さて話を戻しますが、独身男性が結婚相手として理想に掲げる女性の条件は、決してお金ではありません。

「安らぎ」だとか「癒やし」だとか、「家庭的」だとか「いくつになってもキレイ」とか、お金でどうこうなるものではなく努力や生まれつきの運によってでしか手に入らないものです。

そのように考えていくと、「どうせ女は男を金で選ぶ」という意見は甘えているな、と思うのです。