0

天然女と養殖女

男性はぶりっ子に引っかかり過ぎ

長年独身女を貫いてきて一番疑問に思うのが、「なぜ男性は女性のぶりっ子を見抜けないのか?」ということです。

それとおなじ根を持つ疑問として、「どうして同性からはめちゃくちゃ評判が悪い女性が男性から受けてしまうのか」ということもあります。

同性の目からみると、男性と話しているときにはあきらかに声や態度を作っていたり、わざと頭の悪そうなふりをしているような人のことを、平然と「守ってあげたいタイプ」や「天然でかわいい」といった評価をしていたりするので、たまに本当にこの人たちは人をちゃんと見ているのだろうか?というふうに考えたりします。

もっとも、現在は少し減ってきたようですが、人事部や管理職の人間が女性を採用したり移動したりするときには自分の好みを優先してたということもあったようなので、女性の多くが仕事の能力を磨こうという気持よりも男性に好かれる態度を身につけようと考えるようになってしまったのも致し方がないことなのかもしれません。

明らかに自分を作っている女

同性の目からみて明らかに天然を装っている女性のことを「養殖女」というふうに呼ぶことがあります。

天然というのは、本当なら突然おかしなことを言い出したり、言葉や態度を独自の解釈でとったりするような人のことをいうものですが、それを逆手にとってわざとものを知らない振りをしてとぼけたり、おかしなことを言い出して笑いをとろうとしたりするのを見ると、若干痛々しい気分になったりします。

しかしそれをまともに「天然」と思って楽しむ男性も世の中にはたくさんいるようで、そうした脳天気な意見を聴いていると少しうんざりした気分になってきてしまいます。

そうした一見天然風な人ほど実は影で他の同性のことを悪し様に言っていたり、下ネタも喜んで話すようなことをしているのに、男性の多くは全くそうした裏の面を気にする素振りも見せません。

本当にそれで女性を選んで結婚していいのか?と言いたくもなるのですが、案の定結婚をしてからそれなりのことは起きているようなので、別に驚くこともないような気もします。

しかし最近男性の友人と話していて、「男性はぶりっ子に気づかないのではなくて、そういうやつだと思っているだけ」という話を聞きました。

まあ、その話を鵜呑みにすることもできませんが、ちょっと利口な男性になるとそういうぶりっ子をして人に好かれようとする女性の心理をうまく利用して自分の方に引き寄せるという高等テクニックを使っているような例もあるのだそうです。