0

恋愛と執着心について

束縛する人される人

恋愛をしていると、どうしてもその人が今どこで何をしていて、どんなことを考えているのだろうかということが気になります。

20代の時の私の知人の中などには、恋人に非常に強い執着心を持っており女性同士の飲み会などに参加をしていても、数十分に一度は必ずメールをしたり電話をかけに出たりといったふうで、一緒にいる友人同士で「よく相手が持つね」と言いたくなるような執着ぶりを見せていました。

その人は女性でしたが、反対に非常に付き合っている男性から強い束縛を受けていた友人もおり、会社の飲み会だといっていたらしいのですがかなりしょっちゅう電話が頻繁にかかってきていたのを見かけたこともあります。

私自身はお付き合いをしていた相手がいたとしても、そこまできつく束縛すると相手に嫌われるのではないかという気持ちが先に立って積極的な行動はとっていませんでしたが、不安に思う気持ちはわからないわけではありません。

かなり以前に友人から聞いた話で、大学生になる息子が彼女を作る様子が全くないのに心配になり、母親が尋ねてみたところ「相手を好きになって、その人に幻滅をするのが嫌なので付き合わない」といったような不思議な意見を返されたことがあると言っていました。

一理あるようなないような気もしますが、幻滅する前から幻滅することを気にしてしまうなんて、過去によほど女性の嫌な面でも見たことがあるんだろうかと他人ごとながら気になってしまいます。

束縛が嫌いな人もいれば好きな人もいる

そういえば先日婚活パーティーがあったようで、20代の会社の後輩の女性が30~40代の比較的高収入の男性が多く集まるところにいってみたのだそうです。

そのとき、ちょっといいなと思った男性と話をしていたところ、結婚を前提としたお付き合いに望む条件として「自分は束縛が強い方なので、それに耐えられる人」とはっきり言われたのだといいます。

そう言った男性は決して容姿が悪い方ではなく、仕事も安定的な人だったようですが、それを言われた瞬間に後輩は冷めてしまったといいます。

逆に、現在フリーの私の別の友だちなどは「できるだけ自分を束縛してリードをしてくれるような強い男性と付き合いたい。いちいち私に判断を求められるとうっとおしい」というように言っている人もいます。

どちらがよいということはその人個人の考え方なので一概には言えませんが、私はあまりにも強い束縛や執着をされるような恋愛はできればしたくないなと思ってしまいます。